最新の教材ってどんなもの?主流は本から動画へ

数年前から、資格試験の教材には、CD-Rなどのデータがついてくることが多くなってきました。
本と違って多くの資料を入れることができ、軽くて持ち運びしやすいCD形式の教材は確かに便利なものですが、パソコンなどの再生できる機器を持っていないと利用できないということがあり、あくまでも付随資料として扱われることが多かったものです。

しかしパソコンの普及とCD-R媒体の進化により、DVDなどの動画を利用した教材を手軽に利用できるようになりました。
動画の教材の良い所は、なんといっても講師の授業をまるで実際に受けているような感覚で見ることができることです。
参考書だけではわからなかった部分も、講師の話を聞き音声と動画で確認することによって、すんなり理解できるということがあります。

また、参考書とノートでコツコツ机上の勉強をするよりも、画像を見た方が頭に入りやすいという人もたくさんいます。
自宅学習をしている人であれば、参考書だけで自問自答しているうちに行き止まりを感じることもあるでしょう。そのような時にもDVD教材は有効です。
行政書士の講座にもわかりやすい授業で有名な講師がたくさんいますので、人気の先生の話を一度聞いてみるだけでもとても刺激になります。
実際に講義を受けてみたい、スクールへの通学を考えているなどの場合にもDVDの動画授業は疑似体験として参考になります。
最近はDVDだけではなく、ネットのオンライン動画での授業や、テレビ電話のようなリアルタイムの講義も増えてきています。